睡眠障害について

睡眠生涯について

*

睡眠障害に起こる睡眠異状

睡眠障害を分類させるなかで、睡眠自体に問題が見られるものを睡眠異状と呼びます。
代表的な睡眠異状には、不眠症、睡眠時無呼吸症候群(SAS)
ナルコレプシー、睡眠相後退症候群などが多くあげられます。
原因にはそれこそ数多くあり、疾病の合併症や、ストレスや不安感、
ケガなどの痛み、外部的要因が引き起こす騒音、
就寝するのに適しない温度・湿度、
あるいはタバコやアルコールの摂り過ぎでも起こります。

睡眠障害の最も多くみられる症状の中で
患者数もかなりの数に上るとされているのが不眠症です。
また、不眠症でも更にいくつかのタイプの症状に分類されており、
寝付きにくい入眠困難、目が何度も覚めてそれから再び寝付けなくなる途中覚醒、
目が朝早く覚める早朝覚醒、
浅い眠りによってスッキリしとした気分になれない熟眠障害があります。
それから、肥満の合併症としても知られる睡眠時無呼吸症候群は
呼吸が時々停止してしまうことで生命を危険に晒すとして
現在社会的にも大きな話題となっています。

睡眠障害は朝に起きて夜は寝るという
規則正しい生活習慣が送れない方にも当てはまります。
睡眠相後退症候群と呼ばれ少しずつ就寝時間がずれることで、
昼夜逆転してしまう症状が特徴です。
この症状は、特に十代から三十代といった若い年代に多くみられるようです。

他にもみられる睡眠障害には、
過眠症と呼ばれる過度に眠ってしまう症状もその中の一つで
特に青年期に多く罹り毎日15時間以上寝てしまう期間が
数日から2週間ほど続くとされます。
睡眠障害は、社会的生活を送ることに影響を及ぼしてしまうので、
たかが睡眠と侮らずすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

 - 未分類

  関連記事

no image
睡眠障害を発見できる診断法

自分は睡眠障害を発症したかもしれないと疑ったら 一度医師の診断を受けるのが一番確 …

no image
睡眠障害がもたらす影響

睡眠障害における影響には、ただの睡眠不足だけに留まりません。 時には重大な過失を …

no image
睡眠障害になった場合の対策法

まず自分は睡眠障害ではないかと疑ったら、どういった対策を取ればよいのでしょうか。 …

no image
内科・精神科的に関連する睡眠障害とは

睡眠障害を細かく分類する際には、内科や精神科に関わりが深い症状を 内科・精神科的 …

no image
自己チェックでわかる睡眠障害

睡眠障害の症状には各個人差がみられるのですが、 簡単にできる自己チェックを行って …

no image
その他の症状が原因となる睡眠障害

はっきりと分類されていない睡眠障害には、 第4の睡眠障害とも言うべき分類に入る症 …

no image
睡眠障害の改善に役立つ寝室の環境

寝室の環境を整えることも、睡眠障害を解消する為には大切になります。 眠りに入るの …

no image
睡眠障害を改善させる生活態度とは

睡眠障害を改善させるには、日頃の生活態度を見直すことが大切になります。 どのよう …

no image
睡眠障害の治療にあたる睡眠薬の注意点とは

睡眠薬は睡眠障害の治療に高い効果がありますが注意も必要です。 どのような副作用が …

no image

睡眠障害でお悩みの方に、是非おすすめしたい睡眠障害の解消法があります。 就寝に入 …