睡眠障害について

睡眠生涯について

*

睡眠障害に効果のある治療薬

睡眠障害に最も効果的なのは、薬物治療でしょう。
一般的に多く治療に使われるのは睡眠薬や睡眠導入剤で、
催眠効果を高めることで眠りに入りやすくします。
また睡眠薬によって緊張や不安を取り除くことができ、
それによって穏やかな眠りへと導いてくれるでしょう。

薬物には代表的なものがいくつかあって、
患者の体質や症状に合った薬が選ばれています。
睡眠障害の治療に多く使われる睡眠剤で、
過去には依存性の高いものや
大量に飲んでしまうと命の危険があるものなどがあったことから
怖いイメージを持つ方もいるでしょうが、
現在の薬は少ない副作用で済むベンゾジアゼピン系が
広く一般的に使われ、安全性も高いので安心して使えます。

心配であれば、薬の作用を医師に尋ねてみるのもよいでしょう。
心配事や、わからないことなどをきちんと納得がいくまで
教えてもらうことも、治療のひとつです。
ベンゾジアゼピン系の睡眠剤にみられる成分には、
睡眠中枢の働きを高めて、催眠作用、筋弛緩作用、
抗不安作用などといった効果があります。
それらの作用によって、睡眠障害の原因となる
緊張や不安を取り除き、不眠を改善していきます。

その他には非ベンゾジアゼピン系もあって、
抗不安作用や筋弛緩作用がないことから
筋肉が弛緩する事による転倒などが予防できます。
また、作用時間が睡眠薬によって違うことから
薬を不眠の症状に合った作用時間から選べます。

例えば寝付きが悪い方には
睡眠導入剤とも呼ばれる超短時間作用型(超短時間型)が最適です。
その効果は、約5~10時間持続すると言われています。
早朝に目覚めてしまう方には、約20時間の作用時間が続く中間作用型(中間型)が最適で、
またうつ病など精神疾患からくる不眠には、
効果が目が覚めてからも続く長時間作用型(長時間型)が向いているとされます。

睡眠障害の治療薬に使われる睡眠薬は
医師の処方箋が無ければもらえませんが、
睡眠改善薬と呼ばれるものは薬局などで市販もされています。

 - 未分類

  関連記事

no image
睡眠障害がもたらす影響

睡眠障害における影響には、ただの睡眠不足だけに留まりません。 時には重大な過失を …

no image
睡眠障害に効果のある良い入浴法

お風呂に入ることも睡眠障害の解消には効果的とされます。 体の緊張もお風呂でリラッ …

no image
内科・精神科的に関連する睡眠障害とは

睡眠障害を細かく分類する際には、内科や精神科に関わりが深い症状を 内科・精神科的 …

no image
睡眠障害の改善に効果をもたらすアロマテラピー

アロマテラピーは睡眠障害に悩む方にとっても人気の解消法なようです。 アロマオイル …

no image
男性における睡眠障害

男性が睡眠障害に掛かった場合、 実に3分の2が睡眠にたいして問題を抱えているとさ …

no image
睡眠障害によって変わる睡眠時間

睡眠障害を発症したことで、まず気にかかるのが睡眠時間でしょう。 人間は3分の1の …

no image
睡眠障害による朝の行動

まず睡眠障害を改善させる為には、朝の時間にみられる状態に目を向けてみましょう。 …

no image
睡眠障害の改善に役立つ寝室の環境

寝室の環境を整えることも、睡眠障害を解消する為には大切になります。 眠りに入るの …

no image
高齢者にみられる睡眠障害

年を取るごとに、睡眠障害の症状は重くなりやすいとされます。 若い世代と比べると高 …

no image
睡眠障害になった場合の対策法

まず自分は睡眠障害ではないかと疑ったら、どういった対策を取ればよいのでしょうか。 …