睡眠障害について

睡眠生涯について

*

睡眠障害によって変わる睡眠時間

睡眠障害を発症したことで、まず気にかかるのが睡眠時間でしょう。
人間は3分の1の人生は寝ているとされ
1日に8時間の睡眠を取るのが良いとされていました。
しかし現実には睡眠時間が8時間より短くてもまったく平気な方もいれば、
たったの8時間では寝足りないと感じる方もおり、
必要な睡眠時間は人それぞれといえるでしょう。
要は、睡眠時間の長さではなく眠りの質で決まるのでしょう。

短時間の睡眠でもまったく平気な方の場合は眠りが深く
逆に長い睡眠時間だと浅い眠りになる事が多いといわれます。
深い睡眠はしっかりと効率良く脳を休ませる事が出来、
例え短時間でも体の疲労が軽減されやすいようです。
長く睡眠時間を取っても、浅い眠りの方は何度も睡眠中に目を覚ましたり
また睡眠障害の1つとされている睡眠時随伴症であると
脳が休息するのが難しくなるときもあることから、
目が覚めた時に頭がスッキリしない事もあります。
睡眠障害を発症したことでほとんど寝ることがなく朝を迎えたり、
何度も夜中に目が覚めてしまう、あるいは寝付きがとても悪くて
寝つくまでに1~2時間も掛かる、多い時には1日10時間以上寝てしまう場合もあります。
睡眠障害では短か過ぎる睡眠時間も問題ですが、
長い時間寝すぎることも良くありません。

また、眠れないことを必要以上に気に掛けることも問題でしょう。
眠りたいからと就寝直前にアルコールを摂ることも
余計に悪化させる方法なので絶対に止めましょう。
最もよい方法は、一日で溜まった疲労が完全に抜け
また気分がゆったりと落ち付けるように就寝する時間帯や寝室の環境を整え
すっきりとした気持ちの良い目覚めを迎えられるようにしましょう。

 - 未分類

  関連記事

no image
子供にみられる睡眠障害

睡眠障害を発症するのは大人だけではないようです。 何らかの原因で子供も発症するこ …

no image
睡眠障害を発見できる診断法

自分は睡眠障害を発症したかもしれないと疑ったら 一度医師の診断を受けるのが一番確 …

no image
睡眠障害の治療にあたる睡眠薬の注意点とは

睡眠薬は睡眠障害の治療に高い効果がありますが注意も必要です。 どのような副作用が …

no image
睡眠障害になった場合の対策法

まず自分は睡眠障害ではないかと疑ったら、どういった対策を取ればよいのでしょうか。 …

no image
睡眠障害がもたらす影響

睡眠障害における影響には、ただの睡眠不足だけに留まりません。 時には重大な過失を …

no image
睡眠障害を発症させる原因とは

睡眠障害を発症するには、様々な原因が考えられます。 原因としては一過性のものもあ …

no image
男性における睡眠障害

男性が睡眠障害に掛かった場合、 実に3分の2が睡眠にたいして問題を抱えているとさ …

no image
睡眠障害に効果のある良い入浴法

お風呂に入ることも睡眠障害の解消には効果的とされます。 体の緊張もお風呂でリラッ …

no image
睡眠障害による朝の行動

まず睡眠障害を改善させる為には、朝の時間にみられる状態に目を向けてみましょう。 …

no image
その他の症状が原因となる睡眠障害

はっきりと分類されていない睡眠障害には、 第4の睡眠障害とも言うべき分類に入る症 …