睡眠障害について

睡眠生涯について

*

睡眠障害の中でも厄介な睡眠時随伴症

睡眠障害の中でも、睡眠中に起こしてしまう行動に悩まされる症状を睡眠時随伴症と呼び、
また分類されています。
睡眠時随伴症の症状は夜驚症や夜尿症のように
突然睡眠中に叫び声をあげて目を覚ましてしまう、
無意識の内に尿意を感じることなくお漏らしをしてしまうなどがあります。
また、金縛りを医学的に呼称した症状を催眠麻痺と呼び、
意識ははっきりとあるのにも関わらず体に力が入らない、
または自分の体の上に人が乗っているなどの
幻覚症状が見えてしまうのが特徴です。
心霊現象と結び付けられやすい睡眠障害の一つなので、
誤って霊媒師といった類に頼ってしまう方もおり、
そのことが原因で悪徳商法に巻き込まれてしまうトラブルが目立ちます。

他にも睡眠障害には、自分では眠っているはずなのに
無意識にベッドから抜け出して部屋中を歩き回ったりする症状の
睡眠時遊行症(夢遊病)や、またおしゃべりをしたりする寝言も含まれます。
しかし、睡眠時遊行症を発症しているせいで
夜に歩き回っていても、本人に意識はありません。
歩き回っている内に転倒してしまいケガをすることが無いように
常に寝室の整理整頓を心掛けておきましょう。

また、頻繁に寝言を呟くことが増えてきたり、
余りにも長々と話すといった時には
精神的にストレスの影響を受けているケースが多いので、
早めに病院で診察をして貰うと良いでしょう。

以外にも、歯軋りの症状も睡眠障害に入ります。
その症状であごを痛めてしまったり、
歯をすりへらしてしまうこともありますから、
対策としてマウスピースを嵌めたりするなど、
歯科医と相談しておくのがおすすめです。

自分自身で睡眠時随伴症のチェックをできないものが多くありますから、
睡眠障害の対策には家族などの協力を仰ぐようにしましょう。
一人暮らしの方などは、友人に泊まってもらい自分の症状をみてもらうか
またはビデオを設置して自分の睡眠中の様子を撮るようにします。
それらを細かくメモに取って、
診察を受ける際に医師にメモを見せることも良いでしょう。

 - 未分類

  関連記事

no image
睡眠障害を改善させる生活態度とは

睡眠障害を改善させるには、日頃の生活態度を見直すことが大切になります。 どのよう …

no image
睡眠障害になった場合の対策法

まず自分は睡眠障害ではないかと疑ったら、どういった対策を取ればよいのでしょうか。 …

no image
自己チェックでわかる睡眠障害

睡眠障害の症状には各個人差がみられるのですが、 簡単にできる自己チェックを行って …

no image
睡眠障害に効果のある治療薬

睡眠障害に最も効果的なのは、薬物治療でしょう。 一般的に多く治療に使われるのは睡 …

no image
睡眠障害を発見できる診断法

自分は睡眠障害を発症したかもしれないと疑ったら 一度医師の診断を受けるのが一番確 …

no image
その他の症状が原因となる睡眠障害

はっきりと分類されていない睡眠障害には、 第4の睡眠障害とも言うべき分類に入る症 …

no image
高齢者にみられる睡眠障害

年を取るごとに、睡眠障害の症状は重くなりやすいとされます。 若い世代と比べると高 …

no image
睡眠障害の改善に効果をもたらすアロマテラピー

アロマテラピーは睡眠障害に悩む方にとっても人気の解消法なようです。 アロマオイル …

no image
睡眠障害を発症させる原因とは

睡眠障害を発症するには、様々な原因が考えられます。 原因としては一過性のものもあ …

no image
睡眠障害に効果的な昼寝とは

様々なタイプが睡眠障害にはあります。 中には夜には眠れずに昼間になって眠気に襲わ …