睡眠障害について

睡眠生涯について

*

睡眠障害に効果的な昼寝とは

様々なタイプが睡眠障害にはあります。
中には夜には眠れずに昼間になって眠気に襲われてしまうケースもありますが、
だからといって昼寝を長い時間取ってしまうと
しっかりと寝るべき夜に眠くならず睡眠障害対策も本末転倒になってしまいます。
しかし、短時間だけの昼寝はむしろ集中力を回復させ
気分をスッキリとさせてくれるので
効果的となる短時間の昼寝はむしろメリットが多くなります。

おすすめとなる上手な昼寝の方法を、睡眠障害の方に紹介してみましょう。
昼寝の時間はどれくらい取るのが一番効果的かというと
約20分程度がベストとされます。
たったこれぐらいの短時間ならば完全に脳が眠りに付くのを避けられ
熟睡することなく済みます。
いったん脳が熟睡に入ってしまうと目を覚ました時に何となく寝たりない感覚が残り
返って昼寝を取ることで疲労感を感じることが多いようです。
たったの20分なのでこの時間に起きることが難しいのであれば、
カフェインを含んでいる紅茶やコーヒーなどを昼寝の前に飲んでおくと
カフェインの覚醒作用がちょうど20分後くらいに効いて自然に目が覚めるといわれます。
それでも自信がないようであれば、目覚ましをかけておくのもお勧めになります。
目覚ましを止めてまた眠りに就かないように、
目覚ましは自分の寝ている場所から少し離れたところに置いておくのが良いでしょう。

それから睡眠障害の症状がさらに悪化しないようにするには、
なるべく午後3時までに昼寝は済ましておくことが望ましいとされ
夕方近くになっての昼寝は避けるようにします。
万が一、昼寝を取りすぎても必要以上に気にしないように心掛け、
就寝前にストレッチや音楽、アロマなどといった
リラックス効果のあるものを行い脳を落ち着かせましょう。

昼寝を、睡眠障害を改善させるためにも有効に活用しましょう。

 - 未分類

  関連記事

no image
男性における睡眠障害

男性が睡眠障害に掛かった場合、 実に3分の2が睡眠にたいして問題を抱えているとさ …

no image
睡眠障害になった場合の対策法

まず自分は睡眠障害ではないかと疑ったら、どういった対策を取ればよいのでしょうか。 …

no image
睡眠障害を改善させるリラックスミュージック

睡眠障害の症状によって神経が寝る前に高ぶってしまい なかなか寝付けない方やイライ …

no image
その他の症状が原因となる睡眠障害

はっきりと分類されていない睡眠障害には、 第4の睡眠障害とも言うべき分類に入る症 …

no image
高齢者にみられる睡眠障害

年を取るごとに、睡眠障害の症状は重くなりやすいとされます。 若い世代と比べると高 …

no image
睡眠障害を発症させる原因とは

睡眠障害を発症するには、様々な原因が考えられます。 原因としては一過性のものもあ …

no image
睡眠障害の中でも厄介な睡眠時随伴症

睡眠障害の中でも、睡眠中に起こしてしまう行動に悩まされる症状を睡眠時随伴症と呼び …

no image
睡眠障害がもたらす影響

睡眠障害における影響には、ただの睡眠不足だけに留まりません。 時には重大な過失を …

no image
睡眠障害の改善に効果をもたらすアロマテラピー

アロマテラピーは睡眠障害に悩む方にとっても人気の解消法なようです。 アロマオイル …

no image

睡眠障害でお悩みの方に、是非おすすめしたい睡眠障害の解消法があります。 就寝に入 …