睡眠障害について

睡眠生涯について

*

その他の症状が原因となる睡眠障害

はっきりと分類されていない睡眠障害には、
第4の睡眠障害とも言うべき分類に入る症状があるのでここで紹介してみましょう。
人間の平均的な睡眠時間は約6~8時間と言われていますが、人によってはその半分の睡眠でも健康にまったく問題なく過ごせる場合もあります。

短時間睡眠者を指す言葉に(ショートスリーパー)と呼ばれるものがあり、
反対に過眠症ではないのにも関わらず平均的な睡眠時間よりも長い睡眠を必要とする方は
長時間睡眠者(ロングスリーパー)と呼ばれます。
睡眠障害を発症している方は、短時間睡眠者が多く見られます。
ただし睡眠の効率の点でみると短時間睡眠者の方が睡眠の効率が良いとされ、
とても深く熟睡しているとされます。
歴史上の人物の中でも代表的な短時間睡眠者は、
ナポレオンとレオナルド・ダ・ヴィンチでしょう。
なんと驚いたことに、ナポレオンの睡眠時間は3時間程度、
レオナルド・ダ・ヴィンチの睡眠時間は1日にたったの90分しか
眠らなかったという有名な逸話が残っています。
こんな短時間睡眠にも関わらず正常な精神を保ったまま
長生きできたことは、心から“凄い”の一言でしょう。

睡眠障害の1つである長時間睡眠者の代表には、
あの有名なアインシュタインがいたことが知られ、
何と1日10時間以上は寝ていたと言われています。
しかし、長時間睡眠者は概して眠りが浅いことから、
長く睡眠を取らないと体調が整わない体質だとされます。

短時間睡眠者と長時間睡眠者は睡眠障害の一つに分類されておりますが、
どちらも病気ではありません。
一応睡眠障害に入っていますが、特に健康上にトラブルは見られないようです。
なぜそうなるのかといった解説も今のところ医学的根拠が薄く、
判明していない部分が多くあるのが現状でしょう。
ただ、長時間睡眠者には睡眠時無呼吸症候群(SAS)を
発症していることから長時間眠っている場合があるので、
問題ないからといってそのまま放置するのは避けましょう。

 - 未分類

  関連記事

no image
睡眠障害を発見できる診断法

自分は睡眠障害を発症したかもしれないと疑ったら 一度医師の診断を受けるのが一番確 …

no image
睡眠障害がもたらす影響

睡眠障害における影響には、ただの睡眠不足だけに留まりません。 時には重大な過失を …

no image
睡眠障害を改善させるリラックスミュージック

睡眠障害の症状によって神経が寝る前に高ぶってしまい なかなか寝付けない方やイライ …

no image
睡眠障害の改善に効果をもたらすアロマテラピー

アロマテラピーは睡眠障害に悩む方にとっても人気の解消法なようです。 アロマオイル …

no image
睡眠障害を発見できる診断法

自分は睡眠障害を発症したかもしれないと疑ったら 一度医師の診断を受けるのが一番確 …

no image
睡眠障害を発症させる原因とは

睡眠障害を発症するには、様々な原因が考えられます。 原因としては一過性のものもあ …

no image
睡眠障害を改善させる生活態度とは

睡眠障害を改善させるには、日頃の生活態度を見直すことが大切になります。 どのよう …

no image
自己チェックでわかる睡眠障害

睡眠障害の症状には各個人差がみられるのですが、 簡単にできる自己チェックを行って …

no image
子供にみられる睡眠障害

睡眠障害を発症するのは大人だけではないようです。 何らかの原因で子供も発症するこ …

no image
睡眠障害の改善に役立つ寝室の環境

寝室の環境を整えることも、睡眠障害を解消する為には大切になります。 眠りに入るの …